遷延性意識障害(植物状態)

靏岡弁護士   意識不明のまま長期間昏睡状態にある患者を、自発的に活動できないことから遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)(植物状態)の患者ということがあります。下記の条件を全て満たす場合、遷延性意識障害にあたるとされています。
 
①自力移動が不可能。 
②自力で摂食が不可能。 
③屎尿失禁状態にある。 
④眼球はかろうじて物を追うこともあるが認識できない。 
⑤発声はあっても、意味ある発語は不可能。 
⑥「眼を開け、手を握れ」などの簡単な命令に応ずることもあるが、それ以上の意思の疎通は不可能。  
⑦①~⑥の状態が3ヶ月以上続いている

遷延性意識障害の等級認定

遷延性意識障害(植物状態)の後遺障害の等級は、通常、介護を要する後遺障害等級1級が認定されます。
交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.