• HOME
  • 高次脳機能障害とは

高次脳機能障害を有する被害者のご家族の皆様へ!

脳レントゲン.jpg見た目では普通の人であるというのが高次脳機能障害の被害者の特徴です。

 

病状が複雑で,他人や医師にさえ理解をしてもらうのが困難な高次脳機能障害は,被害者ご本人,ご家族の皆様方も大変苦しいものです。

 

そして,交通事故で高次脳機能障害を有することになった被害者に適正な後遺障害の等級認定がなされず,その結果,適正な損害賠償金を得ることができない例も多々経験しています。

 

CTやMRIの画像上に脳挫傷の跡があるか否かを重要視する自賠責調査実務の現状では,高次脳機能障害の設定から漏れてしまう交通事故被害者が多いのも頷けます。

 

 高次脳機能障害であることを適正に設定してもらい,適正な損害賠償額を得るためには,脳神経外科医,神経内科医との連携が必要です。

 

 私どもの事務所は,高齢者から子どもの事例まで,多くの高次脳機能障害の案件を取り扱っています。

 

 このような中で,高次脳機能障害に詳しい医師も知っており,脳血流検査等をして微細な脳の病変部分を発見する医療機関も知っています。

 

 当事務所は,高次脳機能障害について常に研鑽し,被害者ご本人やご家族に最新の知識を提供できる数少ない法律事務所の1つであると自負しています。

 

 ご相談は無料ですので,損害賠償金に関することばかりでなく,ご家族の方々で,日々の介護や生活に関するお悩みでもかまいませんので,お気軽にご相談下さい。

 

 皆様方のお気持ちが少しでも楽になれば,私たちも本望です。

交通事故による後遺障害についての専門サイトはこちら

交通事故による後遺障害の詳細につきましては、下記の”後遺障害専門サイト”にてご確認ください。


後遺障害

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは、交通事故の衝撃により、脳みそが強くゆすられ、脳内にズレが生じ、大脳表面と脳幹部・大脳辺縁系を結ぶ神経が切断・損傷して、広範な神経連絡機能の断絶を生じる病態をいいます。

言語・思考・記憶・行為・学習・注意などに障害が起きた場合は、高次脳機能障害である場合が高いといえます。
 
ilm2009_02_049-s0101.png

CTやMRIなどの画像に異常が見られず、外見にも全く変化の無い場合が多いため、これまで重大な後遺障害との認識がなかったのが現状です。

本人も自覚症状が無いため、家族も気がつかずに終わってしまう場合が多くあります。また、そのために、身体機能に障害がない場合は、身体障害者福祉制度の対象とは基本的にはならないため、生活が困難になってしまう場合が多々あります。近時これが認識されるに至りました。

症状に応じて、後遺障害1級・2級・3級・5級・7級・9級などと格付けされています。

 

高次脳機能障害について、当事務所の取り組みはコチラ


 

高次脳機能障害の解決事例

ここでは交通事故に遭い、高次脳機能障害になられた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

 

解決日 事例内容 部位 等級 被害者の
属性・職業
年齢 事故分類 獲得金額(万円) 増加額
(万円)
2015年11月27日 高次脳機能障害9級10号で加害者の青信号走行を排斥し訴訟上の和解 情緒障害行動障害 9級10号 男性 41歳 バイク 2,374 1,434
2015年8月18日 7級4号の高次脳機能障害の事案で830万円を増額させて訴訟外の和解 頭部・脳 7級4号 女性 87歳 自動車 1,880 830
2014年1月15日 高次脳機能障害7級から5級になり3000万円を取得 頭部・脳 5級2号 主婦 69歳 自転車 3,000 1,000
2013年6月10日 併合4級で既払金2188万円の他に6700万円を取得して訴訟上の和解 頭蓋骨・鎖骨 併合4級 会社員 42歳 バイク 6,700 6,700

高次脳機能障害の事例

脊髄

脊髄損傷

脊柱に含まれる中枢神経系である脊髄の損傷による後遺障害。脊髄は、一度損傷すると再生されることがないのが特徴です。

症状としては、運動機能の喪失、四肢の麻痺、知覚消失、尿路障害などさまざまなものが挙げられます。

後遺障害等級も、最高で1級となっており、重い後遺障害であるといえます。

 

目、耳、鼻、口、脊柱、体幹骨、上肢、手指、下肢、足指

・欠損・運動・機能障害

・視覚障害など各部位に特有の障害

・醜状

 

上記のように、各部位の後遺障害は多岐にわたります。当事務所へご相談いただければ、被害を受けたあなたの症状がどの後遺障害に該当するのかをご提示いたします。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.