• HOME
  • 高次脳機能障害を有する被害者のご家族の皆様へ!

高次脳機能障害を有する被害者のご家族の皆様へ!

脳レントゲン.jpg見た目では普通の人であるというのが高次脳機能障害の被害者の特徴です。

 

病状が複雑で,他人や医師にさえ理解をしてもらうのが困難な高次脳機能障害は,被害者ご本人,ご家族の皆様方も大変苦しいものです。

 

そして,交通事故で高次脳機能障害を有することになった被害者に適正な後遺障害の等級認定がなされず,その結果,適正な損害賠償金を得ることができない例も多々経験しています。

 

CTやMRIの画像上に脳挫傷の跡があるか否かを重要視する自賠責調査実務の現状では,高次脳機能障害の設定から漏れてしまう交通事故被害者が多いのも頷けます。

 

 高次脳機能障害であることを適正に設定してもらい,適正な損害賠償額を得るためには,脳神経外科医,神経内科医との連携が必要です。

 

 私どもの事務所は,高齢者から子どもの事例まで,多くの高次脳機能障害の案件を取り扱っています。

 

 このような中で,高次脳機能障害に詳しい医師も知っており,脳血流検査等をして微細な脳の病変部分を発見する医療機関も知っています。

 

 当事務所は,高次脳機能障害について常に研鑽し,被害者ご本人やご家族に最新の知識を提供できる数少ない法律事務所の1つであると自負しています。

 

 ご相談は無料ですので,損害賠償金に関することばかりでなく,ご家族の方々で,日々の介護や生活に関するお悩みでもかまいませんので,お気軽にご相談下さい。

 

 皆様方のお気持ちが少しでも楽になれば,私たちも本望です。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.