• HOME
  • 損害保険会社からの治療費が打ち切られた場合,どのようにしたらよいか!

損害保険会社からの治療費が打ち切られた場合,どのようにしたらよいか!

損害保険会社は,保険金が社外に流出することを防止するために,早期に治療費の打ち切りをすることがあります。

 

治っていれば良いのですが,痛みやしびれがある場合は,被害者はとても困ってしまいます。

加害者に治療費の請求をしたとしても,「損害保険会社に任せている。」と言われ,二重に加害者から苦しみを与えられることになります。

 

この場合は、ただちに交通事故処理に詳しい弁護士にご相談下さい。

弁護士は,被害者の主治医から,「まだ治療が必要である。」との意見書を受領し,損害保険会社と交渉することになります。

 

 それでも,損害保険会社が治療費の支払いを拒否するならば,健康保険に切り替えて治療を続ける必要があります。

 

 健康保険で交通事故の治療をすることは勿論できますし,被害者の自己負担分は後に損害保険会社に請求すればよいのです。

 

損害保険会社から治療費の打ち切りをされて,治療を中断してしまうと,治ったものと評価され,後遺障害の認定にも決定的に不利になります。

 

 静岡自賠責損害調査事務所は,治療の中断時期がありますと,ほぼ例外なく後遺障害を非該当としています。

 

 痛くもないのに,だらだらと治療を続けることは過剰診療になり,被害者が決してやってはならないことですが,傷害部位について治療を受けることは,被害者の権利です。

不当な治療費の打ち切りにつきましては堂々と対処する必要があります。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.