過失相殺とは

過失相殺とは、交通事故の原因等において、被害者側にも過失があると認められた場合、賠償金額が減額になることをいいます。

わかりやすくいいますと、仮に、被害者であるあなたに2割の過失があるということになった場合、あなたに生じた損害金額が1000万円だったとすると、賠償金額が800万円となります。

過失の割合がどれくらいになるのかについては、過去の裁判例をもとに作成 
された過失相殺率の認定基準が参考にされます。東京地裁民事交通訴訟研究会が「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」を判例タイムズ社から発刊しています。

ilm14_aa02045-s0021.png

保険会社も、上記認定基準を参考にして被害者の過失を主張してくることも多いです。しかし、「過失の割合がどれくらいになるのか」という判断はそう簡単にできるものではありません。

「被害者側に過失がある」という主張があるからには、過失があるという主張のもととなる事実(たとえば、被害者車両に速度違反があった、中央に寄らずに右折した、など)が主張されているはずですが、その事実が本当にあったのかどうかを検討する必要があります。

そのような事実がないということをより説得的に説明するには、事後直後から証拠を保全するということが重要になってくるでしょう。そして、仮にその事実があったとしても、それが何割ぐらいの過失になるかということを評価する必要があります。

また、加害者の過失割合を加算する要素があって、それが忘れられているという場合があるかもしれません。過失相殺、過失割合の判断は簡単なものではなく、保険会社の提示に対する回答をする前に、弁護士に相談した方が良いと思います。

過失相殺の点について不安を感じられた場合には私どもの事務所にご相談ください。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.