• HOME
  • 解決事例
  • 14級9号の事案で訴訟上の和解により既払金142万円以外に500万円を取得した事例

14級9号の事案で既払金142万円以外に500万円取得した事例

(2014年6月19日解決)
 

依頼者A(満33歳の男性)が自転車に乗って信号機のない交差点を一時停止せずに進入したところ、左方から交差点に進行してきた加害者B運転の普通乗用自動車と衝突し、Aが左肩鎖関節脱臼、頚部捻挫、腰部捻挫の各傷害を負った。

Bの加入するC損保はAに対し、14級を前提に既払金142万円を除き186万円を提示した。

Aは、この額が妥当であるかどうかを当事務所に相談し、当事務所は、Aの左肩鎖脱臼の程度が主治医DによってトッシーグレードⅡと診断されていることから第12級6号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)ではないかと考え、上位等級獲得をめざし、静岡地方裁判所に損害賠償請求の訴を提起することになった。

Aは訴訟の中で、左肩鎖脱臼の程度について鑑定を申請し、主治医Dの第12級6号である旨の意見書を提出したが、裁判所はAの左肩鎖脱臼の程度は第14級9号(局部に頑固な神経症状を残すもの)であると考え、鑑定を採用しなかった。

本件は、Aが後遺障害の等級認定について、C損保の事前認定手続を利用したため、主治医DがトッシーグレードⅡと診断していたものの、自賠責静岡調査事務所は関節機能障害の問題と考えず痛みの問題としてとらえ、第14級9号と判断したものである。

一旦、自賠責静岡調査事務所の判断がなされると、鑑定によらなければ、これを覆すことはほとんど不可能に近い。

ましてや、裁判官が鑑定採用をしないとなると、12級などという主張をしても、裁判官を説得できるものではない。

本件の場合、裁判官は、左鎖骨変形の障害を後遺障害慰謝料の点で考慮してくれ、さらに、後遺障害逸失利益の喪失期間も3年ないし5年ではなく、10年間にしてくれ、既払金以外に500万円の和解案をA、B双方に提示し、訴訟上の和解をしたものである。

C損保の提示よりも314万円も多くなったが、早目に弁護士に相談し、弁護士が意見書をつけて自賠責保険会社を通じての被害者請求をしたら、上位等級が獲得できた可能性があったとも考えられるので、はなはだ残念であった。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.