• HOME
  • 解決事例
  • 後遺障害非該当が異議申立てにより 第14級9号に認定され訴訟外の和解
(2015年6月19日解決)
 
依頼者A(72才の女性、パートタイマー)は、長女Bの運転する車両の助手席に同乗中、C運転の車両に追突された。
その結果、Aは頚椎捻挫の傷害を負い、頚部から肩甲部にかけての疼痛と左手指にしびれが残存した。

 

Aが当事務所を代理人として、自賠責会社Dに後遺障害についての被害者請求をしたところ、静岡自賠責損害調査事務所は、「頚椎捻挫後の頚部痛等の症状については、提出の画像上、知覚障害なし、反射正常とされており、自覚症状を裏づける客観的な医学的所見に乏しいことに加え、その他症状経過、治療状況等も勘案した結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉え難いことから、自賠責保険における後遺障害には該当しない。」との判断をした。

 

当事務所はAの頚椎MRIには明らかな椎間板の変性、膨隆、突出が認められ、痛みの神経の分布している硬膜嚢を圧迫していることから、Aに後遺障害はある旨の意見書を付して異議の申立てをした

 

静岡自賠責損害調査事務所は、主治医のE医師に医療照会をしたところ、Aの頚部痛の症状は、現在も消退することなく残存し、将来においても回復が困難と認められるから、局部に神経症状を残すものとして、Aの後遺障害を第14級9号であると判断した。

 

Aはこの結果を受け入れることとし、Cの加入している自動車任意保険F損害保険会社と交渉することにした。
F損保は、Aの治療費として42万円、休業損害として33万円、傷害の慰謝料として70万円、後遺障害の逸失利益として64万円(喪失期間を5年間、基礎収入を295万6000円、喪失率5パーセント)、後遺障害の慰謝料として110万円の計320万円程度を提示したのでCはこれを受諾し、訴訟外の和解をしたものである。

 

本件は頚椎MRIの所見をもとに異議の申立てをしたことが第14級9号に認定されることにつながったものである。
最近では、第14級9号の認定もなかなか厳しくなっており、MRIの画像上ヘルニアの症状がはっきりとあらわれているにもかかわらず、第12級13号が認定されることはまずない。

 

静岡自賠責調査事務所の調査方法に対し、国民からの批判が必要な時期が到来しているものと思われる。
この調査結果が1人歩きをし、裁判官もこの結果を尊重している現実があるので、そのことは被害者専門の弁護士にとっては緊急課題である。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.