• HOME
  • 解決事例
  • 右膝外側半月板損傷で38年間の労働能力喪失が認められ330万円増額させ訴訟上の和解

右膝外側半月板損傷で38年間の労働能力喪失が認められ330万円増額させ訴訟上の和解

(2015年6月22日解決)
 
 
依頼者A(29歳の男性、会社員)は自転車に乗って横断歩道上を走っていたところ、右折してきたB運転のタクシーに衝突し、右膝外側半月板損傷、右足捻挫等の傷害を負った。
Aには、右膝の痛みが残り、正座等が困難になった。

 

Aが当事務所を通じ、静岡自賠責損害調査事務所に被害者請求をしたところ、同事務所は、Aの後遺障害等級を第14級9号(局部に神経症状を残すもの)と判断した。

 

当事務所はタクシー会社の加入している自動車任意保険 C損害保険会社とAの損害について交渉したが、C損保はAの後遺障害の逸失利益の期間を5年間とし、自賠責後遺障害保険金75万円を控除して、302万円の提示をした。

 

Aはこれを不服として、Aの後遺障害等級は第14級9号ではなく、第12級13号だとして、静岡地方裁判所に損害賠償請求の訴を提起した。

 

裁判官は、「Aには右膝外側半月板損傷という物理的症状が残存し、そのため通常の労務に服することはできるが、右膝に負荷をかけた際には疼痛があり、労務内容によっては、さしつかえがあると認められる。よって、Aの労働能力は喪失期間を29歳から67歳までの38年間と認め、喪失率は5パーセントとする。なお、過失割合はAが14パーセント、Bが86パーセントとする。」との判断を示し、Aに対し、既払金を除いて630万円支払えとの和解案を示した。

 

Aの右膝には負荷時以外にも疼痛が存在するが、裁判官の和解案は67歳まで5パーセントの逸失利益450万円程度を認めるものであり、C損保との交渉時よりも330万円程、損害額があがっていたので、Aは和解案を受諾することにし、訴訟上の和解が成立したものである。

 

半月板損傷の後遺障害については、なかなか厳しいものであるので、被害にあった方は、痛み等の実態を訴え、カルテに克明に被害実態を記載してもらう必要がある。
さらに、MRIを撮影してもらうことは必須であるので、この撮影を主治医に依頼する必要がある。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.