• HOME
  • 解決事例
  • 併合第14級の右肩痛等の後遺障害について、当初の提示額より大幅に増額され判決確定

併合第14級の右肩痛等の後遺障害で当初の提示額より大幅に増額され判決確定

 
(2015年8月5日)
 

依頼背景



依頼者A(22歳、男子大学生)は、交通事故にあったBの救助をしていたところ、事故現場に走行してきたC運転の加害車両にはねられ、右肩関節筋腱板損傷等の傷害を負った。

静岡自賠責損害調査事務所は、Aの後遺障害について、疼痛の存在を認め、事前認定により第14級9号(局部に神経症状を残すもの)と判断した。

 

保険会社の見解

 
そして、この結果に基づきCの加入していたD損害保険会社は、Aの損害は453万円余だとして、この額をAに提示した。

 

当事務所に相談

 
Aの母は、この提示額と後遺障害が妥当であるか否かを当事務所に相談し、当事務所としては、まず自賠責会社にAの後遺障害について被害者請求をした。
しかしながら、この事前認定の判断は維持され、AはCを相手にして静岡地方裁判所へ損害賠償請求の訴を提起した。

 

Aは、主治医のE医師から意見書を入手し、さらに、MRIの画像鑑定も得てAの後遺障害は第12級13号であると主張したが、裁判官は静岡自賠責損害調査事務所の「右肩関節腱板の断裂はないことから動揺関節はないもの。」とする判断を支持し、第14級9号であると考え、和解案を提示した。
しかし、過失割合でCの加入しているD損保が納得せず、判決となった。

 

結果

 
 
この判決は、過失はD損保の主張である45%を排し、25%だとし、労働能力喪失期間もD損保の主張する3年間を排し、30年間であるとし、Aの総損害額を950万円余とし、遅延損害金を含めると既払金388万円余を除き、430万円であるとした。
結局、当初の提示額より500万円多くなったが、Aの主張した第12級13号は認められなかった
 
現在、腱板断裂による後遺障害の認定は難しいものがあり、裁判所も認定しなかったものであるが、Aが当事務所に交通事故直後から相談していたら、この点についての指導もでき、もしかしたら結果も変わっていたかもしれない。
 
しかし、差し引かれた過失25%分の240万円程は、Aが人身傷害特約保険に加入していたため、自己の保険から支給され、損害賠償額が全額受領でき、さらに、当初の提示額より大幅に増額されたので、Aはこの判決を承諾したものである。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.