• HOME
  • 解決事例
  • 83歳の女性の死亡事故について既払い金を除いて訴訟上の和解をした事例

83歳の女性の死亡事故について既払い金を除いて訴訟上の和解をした事例

(2015年9月2日解決)
 
83歳の女性Aは歩行中にBの運転する車にはねられ死亡した。

Aは4人の子宝に恵まれ、孫もひ孫もいて楽しい余生を送っていたが、一瞬にしてその命を奪われた。
 
Aの子どもであったC、D、E、Fは当事務所に事件を依頼した。
 
Cら4名は被害者請求をした後、Bを相手として裁判を起こした(途中、Bが破産したのでBの加入していた任意保険会社であるGを相手とした別訴を提起した)。
 
裁判所は、和解案の中で、Aの死亡慰謝料として1700万円、遺族固有の慰謝料として4人の各々について各100万円を認めた。

4名合計の総額が既払い金1804万6570円を除いて1520万円になり、訴訟上の和解が成立した(損害額の合計は2883万9924円であった)。

裁判所は、上記和解案の理由として、Aが一家の支柱として仕事と育児の両方に精を出していたことから、遺族の精神的損害が大きいためと説明した。
 
当事務所では、C、D、E、Fの4人全員の陳述書を作成し、各人に幼少期からの母親との思い出を語ってもらい、母を失った悲しみを裁判所に訴えた。
 
今回は、このような被害者との思い出について昔のものでも構わないので具体的に依頼者に述べさせることで、裁判官の心証に影響を与えることができた。
 
一方、Aが年金暮らしをしていたこともあり、年金の逸失利益を請求したが、裁判所は、年金を得ても半分以上は生活費に消えてしまうということで、生活費控除率を60%と認定した。

当事務所では、Cらからの聞き取りから生活費控除率は30%と主張した。

しかし、その30%を裏付けるような家計簿や預金の入出金等の記録が乏しく十分に主張立証できなかった。

亡くなった方が質素倹約に努め年金の半分以上を貯金に回すような生活をしていた場合には、家計簿等の記録を極力保存しておくことが望ましい。

以上

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.