• HOME
  • 解決事例
  • 14級9号のむち打ち症事案で、5%ではなく、9%の労働能力喪失率を認め、訴訟上の和解

14級9号のむち打ち症事案で9%の労働能力喪失率を認め、訴訟上の和解

2015年12月2日解決

 

依頼者A(42才の女性、パートタイマー)は、普通乗用自動車を運転して、信号機のない交差点に進入したところ、左方から一時停止の道路標示を無視したB運転の普通乗用自動車が進行してきたため、衝突し、頚椎捻挫の傷害を負った。

Aの後遺障害は、14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当すると認定され、当事務所に依頼があった。

当事務所は、異議の申立てをしたが、静岡自賠責損害調査事務所の判断は変わらなかった。

そのために、Aは、12級3号を目指して、静岡地方裁判所に、Bを被告として、損害賠償請求の訴を提起した。

 

当事務所は放射線診断専門医に頚椎MRIの画像の鑑定を依頼し、その結果、C4/5、C5/6椎間板にヘルニアがあることが判明したので、これを事故に起因する障害であることを主張し、あわせて、鑑定の申立てをした。

運悪く、この事件を担当した裁判官が、むち打ち症事案では鑑定を採用しないという方であった。

 

A、B双方の主張と証拠が出尽くした後に、裁判官はA、B双方に和解案を提示した。

和解案の内容は、Aの後遺障害の程度は12級とまで認めるに足りないものの、14級としては重症であると認められるので、労働能力喪失率を13級9%とし、労働能力喪失期間も10年とするものであった。

 

そして、頚椎椎間板ヘルニアの発症について、Aに20%の素因減額し、事故の過失割合もAが10%、Bが90%であるとし、既払金250万円を差し引いて、BがAに対し、400万円を支払えというものであった。

Aは12級にならなかったことに多少の不満はあったが、主婦労働に対する休業補償も3か月分認めてくれていたので、実質的に13級相当ということで和解案を受諾した。

Bの加入しているC損害保険会社は、この和解案を渋っていたが、最終的に応じ、訴訟上の和解が成立した。

 

裁判官は、当方の主張も考慮し、いろいろ工夫してくれたが、鑑定が採用されれば、12級の鑑定意見も期待できたので残念であった。

 

むち打ち症でも重い場合と被害者が考えた場合、克明に主治医に自己の症状を説明し、早目に頚椎や腰椎のMRIを撮影してもらう必要がある。

それも、本件のように、1.5テスラではなく、3テスラでT2脂肪抑制画像によることが必須である。

このようにしなければ、裁判官によっては鑑定を採用してくれず、この場合、12級はほとんど望めない。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.