• HOME
  • 解決事例
  • 後遺障害14級9号と判断された男性について後遺障害14級を前提としつつも労働能力喪失率や喪失期間を一般的な場合よりも高めに認定してもらい訴訟上の和解

後遺障害14級9号と認定されたが、労働能力喪失率等を高めに設定してもらうことができた事例

事故状況

A(男性,48歳)は勤務中に車を運転していたところ,横からBの運転する車にぶつけられた。

 

事故後の症状

 Aはめまい,吐き気,左肩が上がらないなどの症状に襲われた。Aは治療を続けたが,頚部痛,両手のしびれ,左肩関節可動域制限などの後遺障害が残存した。

 Aは被害者請求をしたものの,14級9号と診断された。頚部痛等の神経症状は14級9号と診断された。左肩関節可動域制限については,初期の診断書で肩についての記載がないことなどから,非該当と判断された。

 

事故後の対応

 Aは14級9号に納得することができず,裁判を提起した。

 Aは勤務中の事故であるから後遺障害について労災申請をしたところ,労災保険では併合11級と判断された。労災保険は,神経症状は12級,左肩関節可動域制限が12級であると判断した。

 一方,裁判所は,神経症状については14級,左肩関節可動域制限については初期の診断書やカルテ等に記載がなかったことなどから交通事故との因果関係を否定した。もっとも,労災保険での判断や提訴時点においても満足に復職できていない点などを考慮して,労働能力喪失率を8%,労働能力喪失期間を8年と判断した。Aは裁判係属中に今回の交通事故とは別の原因で死亡したため,妻Cと子Dが代わりに訴訟を続けた。最終的に総額473万円で訴訟上の和解で解決した。

 

ポイント

神経症状の後遺障害14級についてみると,裁判実務上,労働能力喪失率5%,労働能力喪失期間5年間と認定されることが多い。労働能力喪失率が9%になると13級相当になることや,神経症状の後遺障害12級についても,裁判実務上,労働能力喪失率14%,労働能力喪失期間10年間と認定されることが多いことから,労働能力喪失率を8%,労働能力喪失期間を8年間とする和解案は,後遺障害14級においても上限に近い額での認定と評価できる。このような認定がされた理由については,原告の症状が重かったことや労災保険での認定があったからではないかと考えられる。

交通事故が労災事故でもある場合には,労災保険での認定が裁判における後遺障害の立証の重要な資料となることもあるため,本事例が参考になれば幸いである。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.