• HOME
  • 解決事例
  • 後遺障害併合9級と判断された女性について訴訟上の和解が成立して解決した事例

後遺障害併合9級とされた女性について訴訟上の和解が成立して解決した事例

(2017年2月8日解決)

女性Aは原動機付自転車で走行中、信号機のない交差点に入り右折しようとしたところ、向かってきた直進の乗用車(運転者B)と衝突した。
女性Aは治療を続けたが、右足関節可動域制限、骨盤骨変形、手術痕などの後遺障害が残った。自賠責調査事務所はAの後遺障害について併合9級を認めた。

Aは、Bを相手に訴訟を提起した。Bは、交通事故を避けることはできなかったために責任はないなどと主張した。

裁判所は、Aの後遺障害について併合9級を認めた。裁判所は、Bの主張を認めず、過失相殺をしたものの、総額約400万円程度の和解案を提示した。
今回の事件は基本過失割合が50:50であることから、過失相殺をされることはやむを得ない事件であった。
過失相殺の程度によっては和解金額が大幅に減額される可能性があったが、Aの主張を考慮してB側の責任を加重し、裁判所は和解案を提示した。過失相殺の主張に際しては、実際にAと事故現場に行き、事故状況を細かく確認し、実況見分調書との相違点を明らかにした。

双方ともに和解案を受諾し、訴訟上の和解が成立した。
その後、Aは人身傷害特約に基づき保険金を請求したところ、1000万円以上の入金があった。
その理由は、人身傷害特約により過失相殺された部分を保険が補填してくれるのであるが、Aの事案は併合9級と重い障害のために損害の額が大きくなったものの、Aの主張が認められたとはいっても相当程度の過失相殺がされたことにより和解金額が減額されたからであった。

人身傷害特約をつけておけば、出会い頭事故など過失相殺をされることが多い事故に遭遇したとしても、自らの過失部分を自己が加入する保険が補填をしてくれることになる。
人身傷害特約に入っておくことをお勧めする。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.