• HOME
  • 解決事例
  • 後遺障害2級で、既払金を除き5192万円を取得し、 訴訟上の和解をした事例

後遺障害2級で、既払金を除き5192万円を取得し、訴訟上の和解をした事例

(2018年11月13日解決)
 
依頼者A(事故時37歳、中国籍(永住者)、会社員)は、深夜、泥酔して静岡駅前の道路を横断した直後、加害車両に衝突され、脳挫傷、右上腕骨折などの傷害を負った。
なお、Aには中国籍(永住者)の妻子がいる。
 
加害者の加入していた損害保険会社は、Aに相応の過失割合が想定されるとして治療費の支払いを拒絶したため、Aは加入していた人身傷害保険を使用して治療費、休業損害等約756万円の支払いを受けた。

治療が功を奏しAは一命を取り留めたものの、後遺障害等級2級1号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」であった。
 
Aは、人身傷害保険から治療費等の既払金も含め6000万円(自賠責保険3120万円は別)の支払いを受けた後、その妻子も一緒に加害者に対し損害賠償請求訴訟を提起した。Aは永住者であったので損害額は日本人と同様である。
 
ところで、Aは中国での「一人っ子政策」のため一人っ子であり、高齢Aの両親はAの後遺障害を少しでも改善させようと5年間の約束でAを中国に連れ帰っていた。
 
訴訟での争点は、将来介護費、過失割合であり、裁判所の和解案が示された。

和解案は、過失割合を50%とし、Aに5060万円、妻に86万円、子に46万円というものであり、双方は裁判所の和解案どおり訴訟上の和解をした。

本件は、先に人身傷害保険から支払いを受けた後、損害賠償請求訴訟を提起した事案であり、過失割合と損害額によっては、Aの加入していた損害保険会社に求償されることもあり得た。

しかし、和解案は、Aの損害総額を1憶5846万円、過失割合を50%としているので、Aの受け取れなかった損害額は7923万円であり人身傷害保険からの6000万円を上回ることから求償されることはなかった。
 
以上

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.