• HOME
  • 解決事例
  • 14級9号のむち打ち症事案で、328万円余を取得し訴訟外の和解

14級9号のむち打ち症事案で、328万円余を取得し訴訟外の和解

2015年11月24日解決
 
依頼者A(37才の男性、会社員)は、バイクに乗車して交差点を進行していたところ、対向からB運転の加害車両が右折してきて、バイクの右側に衝突し、Aはバイクもろとも左側に転倒し、頚部捻挫腰椎捻挫両肩関節挫傷の傷害を負ったものである。
 
AはC医院で9か月間治療を受けたが良くならず、頚部から左肩甲部にかけての疼痛と、左手にしびれを残して症状固定となった。
 
Aの後遺障害は、第14級9号(局部に神経症状を残すもの)と認定され、当事務所は、第12級9号を主張し、異議の申立てをした。
 
当事務所は、頚椎MRIの画像所見をもとに、C6/7椎間板ヘルニアによる神経障害を主張したが、Aの主治医のC医院は、静岡自賠責損害調査事務所の「神経学的所見の推移について」の照会で、「神経学的所見はない」と回答しており、Aの主張は通らなかった。
 
裁判になれば、この結論が覆る可能性はあったが、Aは弁護士特約付保険に入っておらず、328万円余で、Bの加入している自動車任意保険D損保と訴訟外の和解をした。
 
Aの過失は10パーセントで、裁判所基準によるものであり、損害賠償額としては多くもなく、少なくもなくの額であった。
 
Aが主治医に対して、常日頃から、しびれの点も含め、自己の身体の状況を克明に訴えていて、それがカルテに記載されていれば、当事務所としては裁判を勧めることができたが、本件の場合、主治医のカルテ記載が簡単で、神経症状についても、全く記載のない状況では限界があった。
 
むち打ち症に苦しむ被害者は、それが単なるむち打ち症の症状ではなく、ヘルニアによるものであることも考えられるので、しびれについては、主治医に述べておく必要がある。
 
そうしないと、裁判でもなかなか第12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)とは認めてもらえない。

解決事例

後遺障害の受傷部位別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を部位別に掲載しております。

下記の該当する部位より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

頭部

肩・上腕

脊髄・頚椎・腰椎

肘・前腕

手・指

骨盤・股関節・大腿骨

下腿・足

 

後遺障害の等級別の解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例を等級別に掲載しております。

下記の該当する等級より、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

1級~9級

10級

11級

12級

13級~14級

その他

 

被害者の状態別の解決事例

ここでは交通事故に遭った被害者の解決事例を状態別に掲載しております。

下記の該当するコンテンツより、当事務所の解決事例をご覧ください。

 

死亡事故

高次脳機能障害

むちうち症


交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



交通事故・後遺障害無料相談ダイヤル 0120-331-348

無料相談はこちら

部位別の主な後遺障害

頭部

目・耳・鼻・口

肩~上腕

脊髄~腰椎

肘~前腕

手・指

骨盤~股関節~太腿

膝

下腿~足・足指

当事務所の解決事例はこちら
後遺障害に関する詳しい情報は専門サイトへ
弁護士紹介
弁護士費用

小冊子プレゼントバナー.PNG

解決事例ブック.png

Contents menu

事務所概要
MAP

弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.