右膝関節の機能障害で2324万円を取得し、訴訟上の和解

(2015年5月19日解決)

 

依頼者A(64歳の女性、自営)は、自転車に乗って横断歩道を走行していたところ、右折してきた加害者B運転の車両にはねられ、両膝打撲、腰椎挫傷の傷害を負った。

 

Bの加入していた自動車損害保険会社C損保は、Aの後遺障害につき、事前認定をしたところ、静岡自賠責損害調査事務所は、Aの後遺障害を第10級11号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)と判断した。

 

C損保は、この判断に基づきAに対し、自賠責保険金461万円を含め1032万円余の提示をした。

 

この時点の既払金(治療費、通院費、休業損害等)は1063万円余であったので総額は2096万円余であった。

 

Aは、この金額が妥当か否か、当事務所に相談があったが、当事務所はAの腰椎にも後遺障害があると考え、あらためて、静岡自賠責損害調査事務所に被害者請求をした。

 

静岡自賠責損害調査事務所は腰椎について、「局部に神経症状を残すもの」として、第14級9号と認定し、併合第10級と判断した。

 

この等級に不満であったAは、静岡地方裁判所に損害賠償請求の訴を提起し、併合第9級を主張した。

 

しかしながら、裁判所は併合第10級だとし、既払金1063万円と自賠責保険金461万円の外にBがAに対し800万円を支払えとの和解案を提示した。

 

Aの過失割合は10パーセントであった。

 

C損保の当初の提示額よりも上回ったのでAはこれを受諾し、訴訟上の和解をした。

 

本件の場合、当初からAの主治医の腰椎に関する克明な診断書ないし意見書があれば、静岡自賠責損害調査事務所も腰椎について第12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)と判断した可能性もあったと思われるが、主治医が膝の障害に重きを置き、腰椎についてはあまり重きを置いていなかったため、併合第10級どまりで併合第9級にならなかったものである。

 

静岡自賠責損害調査事務所の判断は、静岡地方裁判所においても重視されているので、被害者側弁護士にとっては、これを上位等級に認定させるには、なかなか苦労が伴なう。

 

上位等級をめざすには、事故直後から被害者側弁護士に相談することが肝要である。

 

本件の場合、弁護士費用特約付保険に加入していなかったため、費用のことを考えると鑑定の申立てもできず、この意味でも大変であった。

 

 

線維筋痛症と後遺障害

 
追突事故で頚部や腰部に衝撃を負い、疼痛症状が遷延し、頚部や腰部ばかりではなく、身体の各所に疼痛やしびれがあらわれ、苦しんでいる被害者の方が多数存在します。
このような方々は、主治医から単なるむち打ち症と診断され、そしてMRIの画像にも何らの所見があらわれず、静岡自賠責損害調査事務所に後遺障害の等級認定申請をしても、後遺障害非該当になるか、せいぜい局部に神経症状を残すものとして14級9号しか認定されないのが現実です。

 

 

しっかりした主治医であれば、その病名を「線維筋痛症」と正しく診断しますが、「線維筋痛症」とされても、静岡自賠責損害調査事務所は12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)や9級10号(神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの)に認定することはまずありません

「線維筋痛症」は、圧痛以外の他覚所見がないにもかかわらず、全身に疼痛をきたす疾患であり、その原因は今のところよくわかっていません。

交通事故外傷を契機に「線維筋痛症」を発症したとされる方々が当事務所にも相談に来ていますので、私たち被害者側弁護士は、その苦しみを理解していますが、静岡自賠責損害調査事務所は全く理解していません。
裁判例も少しありますが、9級などを認めるのは、ほとんどないのが現状です。
「線維筋痛症」は、アメリカのリウマチ学会が作成した分類基準によって診断されるのが一般的ですが、3か月以上、広範囲の疼痛が継続し、全身18か所の圧痛点を4kgf(重量キログラム)で押したとき、11か所に圧痛があれば線維筋痛症と診断されます。
浦野房三医師(篠ノ井総合病院)の著書「臨床医のための線維筋痛症」(新興医学出版社刊)にこの病態が、よく書かれていますのでご参照下さい。
当事務所は、困難ではありますが、できるだけ「線維筋痛症」に苦しむ被害者の方々の相談に応じていますので何なりとお電話下さい。

リンク

相互リンクを募集中です!!
鷹匠法律事務所では相互リンクを随時受け付けております。
相互リンクをご希望の方は、当サイトへのリンクをお貼りいただいてから、メールにてご連絡ください。 
相互リンクのお申し込みは,takajo.lawoffice@gmail.comからお願いします。

以下のタイトル、URLで当サイトへのリンクをお願い致します。

タイトル 静岡の弁護士による交通事故被害相談サイト
URL http://www.kotsujiko1.com/
紹介文(短) 静岡の弁護士による交通事故相談(静岡県弁護士会所属)。お気軽にご相談下さい。
紹介文(長) 静岡県での交通事故に関するご相談は鷹匠法律事務所にお任せください。市民の交通事故問題を弁護士が解決します。


相互リンク先


■地域情報情impulse
http://www.impulse-navi.ne.jp/

■NETISLAND
http://www.netisland.jp/

■サーチ女史
http://search.netisland.jp/

■infoseek
http://www.infoseek.co.jp/

■goo
http://www.goo.ne.jp/

■OCNサーチ
http://www.ocn.ne.jp/

■Livedoor
http://www.livedoor.com/

■はてな検索
http://search.hatena.ne.jp/

■Biglobe
http://search.biglobe.ne.jp/

■@Search
http://www.nifty.com/search/

■So-net
http://www.so-net.ne.jp/

■AOL search
http://search.jp.aol.com/aol/webhome

■債務整理110番
http://hensai110.com/

■札幌交通事故.com(村松法律事務所)
http://www.sapporojiko.com/
札幌で交通事故に特に力を入れられている法律事務所です。
高次脳機能障害、脳髄液減少症などの後遺障害にも取り組まれております。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.