• HOME
  • 交通事故の現状

交通事故の現状



交通事故の現状~死亡事故の減少~

交通事故による死亡者の数はここ数年、減少傾向にあります。
それは車の安全性の向上によるものと考えられます。エアバックや自動車ボディの性能向上などによって、死亡者は確実に減ってきているのです。また近年では交通規制も厳しくなり、後部座席もシートベルトを着用しなくてはならないなど、安全を第一に考えた走行を行うようになっています。
しかしながら、それでも平成14年ではおよそ9000人の方が交通事故によって死亡しています。
多くの方が交通事故によって命を落としていることには変わりはありません。

 

交通事故の現状~高齢者の交通事故~

少子高齢化による影響で、高齢者の交通事故が高い数字を残しています。
高齢者は反応も鈍く、耳も遠いため、車に対する意識が向かなかったり、反応できなかったりします。高齢者による安全確認無視や、信号の見落としなど、高齢者に責任があることも起こっているそうです。
しかしながら、私たちはこれからこの少子高齢化社会と共存していかなければなりません。そうなった場合、高齢者に対する配慮を若い人から積極的に行っていくことが大切なのです。

 

交通事故の現状~若い人の交通事故~

若者に多い交通事故は二輪車の交通事故です。
二輪車の場合、一回事故を起こすと死亡事故につながる可能性が非常に高くなります。
それは見た目から明らかですが、車と異なり、エアバックやボディといった安全性を向上させるものが身につけられません。また二輪車はバランスを取りにくいという欠点があります。
高齢者は二輪車に乗る機会は多くないので、あまり事故が起こりませんが、若者は二輪車に乗る機会がとても多いです。
二輪車を使用するときは特に気をつけて運転しましょう。

交通事故はとても身近に存在します。
事前に事故を防ぐための確認を怠らないようにしましょう。
 

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.