• HOME
  • 交通事故加害者の責任

交通事故加害者の責任



加害者になってしまったら

交通事故を起こしてしまった場合、誰であってもパニックに陥り、冷静な対応ができなくなります。また状況によっては自分が動くことができなかったり、相手が意識がないなどといったことも考えられます。まずは動ける人を見つけるか、自分から動き、重体者の看護や、救急車の手配などをしましょう。

加害者になってしまったら次のような義務があると考えられます。

・負傷者の救護
・危険防止の措置を取る
・警察へ届出をする

加害者になってしまったら、これらのことは行うようにしましょう。
また加害者、被害者でなくても負傷者の救護や危険防止の措置を取ることなどは二次災害を防ぐことになるので、行うようにしましょう。

 

加害者の責任

加害者が取らなければならない責任としては次のようなことが考えられます。


 

・刑事上の責任

例を挙げます。

①    自動車運転過失致死傷罪・・・自動車の運転時に必要な注意を怠り、人を死傷させてしまうこと。
②    危険運転致死傷罪・・・運転時にアルコールや薬物、スピード違反などの危険運転によって、人を死傷させてしまうこと。

 

・民事上の責任

例を挙げます。

①    道義的な責任・・・加害者になってしまったのだから、自分がしっかりと相手のためになることを考えなくてはならない。被害者へのお見舞い等はしっかりと行うこと。自分が被害者になってしまったときのことを考えて、相手の立場に立って責任を取っていくことが求められます。
 


 

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.