• HOME
  • 人身傷害補償保険(特約)の使い方について

人身傷害補償保険(特約)の使い方について

印鑑.jpg   人身傷害補償保険は、保険会社との契約によるものですから、保険契約約款により、具体的な契約内容を確認していただく必要があります。以下は、一般的な人身傷害補償保険の内容です。

 

⑴ 人身傷害補償保険の性質

自動車保険は、自動車事故により他人に損害を与えたことによって生じる損害を補填することを目的とした保険です。人身傷害補償保険は、保険契約者等が被った損害に対して支払われる保険です。

 

すなわち、自動車保険は「加害者が使う保険」、人身傷害補償保険は「保険契約者など(加害者だけでなく被害者も)が使える保険」です。

 

⑵ 人身傷害補償保険の対象事故

自動車運転中の交通事故だけでなく、自転車運転中、歩行中に自動車にはねられたという交通事故も対象になります。

 

したがって、自転車運転中、歩行中に転んで怪我をした場合は、交通事故でないので対象となりません。

 

⑶ 人身傷害補償保険の対象者

保険契約者の他、その配偶者、同居の親族なども含まれます。

保険者契約者と同居している子が自転車に乗っていて、交通事故に遭った場合も対象者となります。

 

⑷ 人身傷害補償保険のポイント①

交通事故では、加害者(加害者の加入している保険会社)と示談が成立しないと保険金が支払われません。

しかし、人身傷害補償保険では、示談が成立しなくとも保険金が受け取れます。

 

⑸ 人身傷害補償保険のポイント②

自動車保険の場合、過失割合が決められ、その割合に応じて保険金の支払額が決められます。

しかし、人身傷害補償保険では、保険契約者などの過失割合分も含めて、実際にかかった損害(治療関係費、休業補償、慰謝料など)が補償されます。

 

例えば、保険契約者などの過失が100%の場合、自動車保険からは1円も支払ってもらえませんが、人身傷害補償保険では、実際にかかった損害額全額(但し、人身傷害補償保険の範囲内)を受け取れます。

 

また、先に自動車保険から過失割合分の保険金を支払ってもらった後、人身傷害補償保険で、保険契約者などの過失割合分の損害額を受け取れます。

交通事故の初回相談料金無料 0120-331-348

ご相談の流れはこちら

弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
 その他の場合は事務所まで来て頂くことになります。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



弁護士法人 鷹匠法律事務所

Copyright (C) 弁護士法人 鷹匠法律事務所 All Rights Reserved.