静岡最大級の解決事例
安心の料金体系弁護士費用

交通事故の示談のポイント

加害者側の示談のポイント

加害者にとっての示談のポイントは必ず示談書を作成することです。これは後から被害者に何か言われたときのために備えておくということです。
示談書があれば、相手の後からの請求を跳ね除けられます。示談書がなかった場合、被害者が後から何か言ってきたときにそれに応じるしかなくなります。
そうなるのを防ぐためにも示談書は必ず書いてもらうようにしましょう。

また正確な損害額を知っておくということも大切です。知っておくことで、被害者からの強引な賠償請求に対応することができるからです。

 

被害者側の示談のポイント

逆に被害者の示談でのポイントは安易に示談をしてしまわないことです。もし示談をしてしまった場合、その後に体に不調をきたしても何も請求することはできません。完全に自分の体調が治ったかというのをしっかりと確認してからにしなければなりません。
もし体調について少しでも不安があるようだったら、医師に相談する必要があります。
しっかりとした検査をし、自分の体調が完全に復活してから示談をするようにしましょう。
また被害者側でも正確な賠償額を知っておくことが大切です。

これは加害者側に賠償額を値切られたときに対応できるからです。加害者側は賠償額を値切ってくることが多々あります。そのようなに対して、何も知らない状況であれば言いなりになってしまう可能性があります。しっかりと賠償額を把握しておきましょう。

 

鷹匠法律事務所

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツアイト)4S階 TEL.054-251-1348

[予約専用ダイヤル]
0120-331-348

[平日法律相談]09:00 - 20:00[土曜法律相談]10:00 - 16:00

鷹匠法律事務所

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号
NEUEZEIT(ノイエツアイト)4階 TEL.054-251-1348

予約専用ダイヤル
0120-331-348